会社に在籍確認が掛かってこないキャッシングはコチラ

キャッシングでお金を借りたいけど、消費者金融から会社に在籍確認があるのは困りますよね。そんな人にはモビットのWEB完結がオススメです。

グレーゾーン金利とは

今はテレビCMなどで「払い過ぎた利息を取り戻せます」などといった過払い金返還請求のことをいっています。

そのため、多くの方は過払い金返還請求という言葉は聞いたことがあるでしょう。

ですが、実際に何が過払いになっていたのか、という点を知らない方は多いようです。

グレーゾーン金利の相談をする女性

過払い金返還請求に関する事としてグレーゾーン金利があります。

グレーゾーンというと、分かりやすくいえば違法なのか合法なのか微妙なゾーンということになります。
キャッシングの金利は今は利息制限法で上限が定められていて10万円未満の融資なら年利20.0%、10万円以上100万円未満は18.0%、100万円以上は15.0%となっています。

今はキャッシングする場合にこれ以上の金利を請求されると違法となり、借り入れも無効となります。

そのためこれ以上の金利を請求されることはありません(遅延損害金を除く)。

ですが利息に関する法律には出資法があります。

出資法によると、当事者の合意があれば29.2%までOKというものなのです。

その当事者の合意について曖昧であり、それにより一昔前はATMを利用してキャッシングした時点で合意したと判断してその金額で請求していた金融機関があったのです。

その利息制限法が定める上限金利と出資法による上限金利の差がグレーゾーン金利となっています。


そのため、以前にグレーゾーン金利で借入していた方が過払い金返還請求の対象となります。

ただ、今からキャッシングを利用する場合には、利息制限法の上限と決められていますので、グレーゾーン金利は関係ありません。