会社に在籍確認が掛かってこないキャッシングはコチラ

キャッシングでお金を借りたいけど、消費者金融から会社に在籍確認があるのは困りますよね。そんな人にはモビットのWEB完結がオススメです。

在籍確認なしで申し込みができる!

キャッシングする

給料日前にお金がなくてキャッシングしようと思ってスマホで申し込もうとしたんだけど、アレって申し込んだら会社に在籍確認の電話が掛かってくるんですよね?

アコムとかプロミスとか消費者金融から会社に電話されると、変な噂が立ってしまいそうで困ります。

そう思ったので、審査に申し込めませんでした。

「キャッシング審査」

などでググってみたら、一応消費者金融からの電話とは分からないように本人確認はしてくれるみたいです。

でも、やっぱりちょっと怖いですよね。

だから「キャッシング 在籍確認なし」で調べてみました。

そうするとモビットのWEB完結というサービスがよいという口コミ評判を見掛けました。

モビットの公式サイトをチェックしてみたら、WEB完結で申し込むと在籍確認の連絡なしで申し込めるということが分かりました。

本人確認のために運転免許証と収入を証明するための源泉徴収票を提出します。

それと同時に、健康保険証か給与明細を提出すれば在籍確認なしでお金を借りることができるようになるみたいです。

これなら安心して審査申し込みができそうです。


三菱東京UFJ銀行の口座は既に持っているので、必要書類を用意すればWEB完結で申し込むことができます。

もちろん審査で落ちる可能性はありますが、在籍確認の電話が会社に掛かってこないのは本当に助かります。

スマホから申し込みすれば、申し込みからお金を借りるまで誰にもバレずにコトを進められます。

やっぱり会社員なのでお金にルーズだと会社に思われるのは嫌なので、WEB完結を利用してキャッシング申し込みをしようと思います。

今調べたところモビットだけのサービスみたいなんだけど、アイフルとかプロミスとアコムとか他の大手消費者金融でも同じようなサービスを提供していたらいいのに・・・。

私が知らないだけかもしれませんが、今のところモビットだけの独自のサービスなのでモビットに申し込みをしようと思います。


 

消費者金融の審査の重点項目


どこの消費者金融でも、利用する以上は審査を受けてそれに受からないといけません。

というのも、審査を実施しなければ、消費者金融に利用を申込した本人に返済能力が客観的に備わっているのかどうか、判断することが不可能だからです。

また、消費者金融の審査では、審査項目が厳密に定められており、適当に融資の可否が決定されるということはありません。

あくまでも所定の審査項目に沿って審査がなされ、最終的な結果が決まるのです。

では、消費者金融の審査において、より重点が置かれる項目としては、一体何が挙げられるでしょうか。


審査項目にも複数あるのですが、最もチェックがなされるのは、申込者本人の返済能力です。

この返済能力を決定づける要因としては、年間でいくらぐらい稼いでいるかという収入もあるのですが、それだけで決まるわけではありません。

というのも、どんなに収入が高いとしても、
・支出が追いつかなかい
・収入そのものが安定していない
とすると、返済をコンスタントに行っていくことが難しくなってきます。

その分返済能力が高いとは言い切ることができないからです。

あるいは、過去の利用実績などからも、判断が必要になるケースも多々あることでしょう。

返済能力というのは、どれか1つの要素で決まるのではなく、複数の要素が相互に絡み合った上で決まるものなのです。

実際の審査では、このような点が重視された上で、最終的な融資の可否の判断がなされるのです。

 

申し込む段階での年収


年収計算

年収がいくらあるのかについては、消費者金融の審査に受かるかどうかを決める1つの要素になります。

もちろん、年収ベースが高いからという理由だけで、消費者金融の審査に無条件で受かるということはありません。

年収以外の要素も融資可否の判断になされますが、やはり年収は欠かすことができません。

では、年収に関しては、どのように審査がなされるのでしょうか。


一般的には、年収ベースは低いよりは高い方が良いと言われています。

もちろん、これについては間違いではありません。

しかし、だからと言って、年収が高いから消費者金融の審査に受かると考えるのは、短絡的なのです。

あくまでも返済能力があると判断されることが大切なのであって、年収そのものが高ければ良いというものではありません。

では、返済能力が高いとみなされるためには、どのような要素が必要なのでしょうか。

この時に参考になされるのが、総量規制です。

総量規制とは、「手取り年収の3分の1以上の借入があると、新たに借入を増やすことができない」という決まりのことを言います。

例えばですが、手取り年収が600万円であれば、借入の合計は200万円までという計算になります。

この規定はなぜ存在するのかと言えば、借入を無駄に増やしてしまうがために、後になって返済が滞るようなことがあれば、利用者本人が困ってしまうことになりかねないからです。

それならば、利用できる金額をある程度は決めておく方が、無駄な利用を減らすことに繋がっていくのです。


【マイカーローンの審査についてはこちらから】マイカーローン審査